引っ越し 見積もり 方法

引っ越しの準備

引っ越しの準備、面倒だからと先延ばしにしていませんか?

簡単 引っ越し

 

今は、簡単に引っ越しの見積もりができるのです。

 

今までの引っ越し見積もりは引っ越し業者に連絡して担当者に来てもらい、実際の間取りや荷物を見ながら見積もり額を提示、値段やサービス交渉をして契約するか決めるというのが一般的でした。

 

この方法ですと、自分も引っ越し業者もどちらも大変だったのです。
引っ越し業者としましては、わざわざ交通費と人件費をかけて人を行かせて見積もりをするので、何とか契約して欲しいと思うのは当然です。

 

でもあまりに強い営業をかけられるといいイメージがなくなってしまうのも事実です。
だからインターネットでの一括見積もりがオススメなのです。

 

引っ越し 見積もり

 

一括見積もりサイトは引っ越し業者から資金を得ているため、利用者には費用がかかりません。
便利なのに無料。
そして一番安い引っ越し業者を探すことのも簡単にできるというわけです。

 

引っ越しの挨拶はどこまで?

引っ越しの挨拶
引越ししたら、できるだけ早めにご近所に挨拶に行きましょう。
引越し当日、遅くても翌日までにというのが常識なのだそうです。
わたくし、引越し当日にお隣にご挨拶に伺ったのですが不在で、翌日忙しくて行きそびれたらそれっきりになってしまいました。
こんなことがないように、引越しのご挨拶はお早めに。

 

さて、引越しの挨拶はどこまで行けばいいのでしょうか?
昔から、「引越しの挨拶は、向こう三軒両隣」と言われます。つまり、家の向かいとその両隣の3軒と、自分の家の両隣の計5軒が常識だということです。
結構ありますね。

 

挨拶の時に手土産を持参される人もいますが、タオル・洗剤・お茶だったり人それぞれですね。のしには紅白の蝶結びを選び、外のしにします。表書きはご挨拶や粗品と苗字を書いて渡します。

 

一軒家の場合は向こう三軒両隣ですが、マンションの場合はどうでしょうか?
マンションの場合は、上下左右の方にご挨拶に行くのが一般的です。
新居で気持ち良く生活するために、挨拶はきちんと行きましょう。